WiMAX2のキャンペーンを比較してみた

MENU

WiMAX2のキャンペーンがすごい!

私は仕事でノートパソコンを持ち歩いているビジネスマンです。つい先日ワイモバイルのモバイルルーターが2年の更新期を迎えたので、思い切ってルーターを乗り換えることにしました。

 

やはり1月で7GBという制限のあるのは不便なので、無制限で使用できるWiMAX2のギガ放題に乗り換えることにしました。

WiMAX2のキャンペーンを比較で乗り換え!【衝撃】

 

よく調べてみるとWiMAX2は本家のUQだけでなく、いろいろな会社から販売されていて、基本料金は約4380円とほとんど変わらないのですが、キャンペーンによりキャッシュバックの金額が大きく異なるのです。

 

2016年8月現在のキャッシュバックの金額を比較してみると、UQはたったの3000円でお話になりません。

 

主要な会社のキャッシュバック額は、とくとくBBが30000円、So-netが21000円、@niftyが20100円です。

 

なお通信料金をなるべく抑えるなら、新スピードに対応していない旧ルーターで契約できるSo-netが1年間2680円で利用できます。

 

いろいろ考えて、快適なスピードで利用できる新ルーターで契約できるとくとくBBを選択しました。

 

衝撃!!!
単純に計算すると、事務手数料3000円に月額4263円×24ヶ月の102312円からキャッシュバック30000円を引くと75312円です。

 

これを24で割ると3138円です。

 

月額3100円でストレスなく使用できるので、とくとくBBのWiMAX2に乗り換えて大満足です。

WiMAX2+で申し込むならLTEアリ・ナシどちらがお得か

どちらがお得かは、使い方と環境次第になります。

 

私の場合は、たまたまWiMAX2単独で高速のハイスピードモード、au 4G LTEとのキャリアアグリケーションのハイスピードエリアモードのどちらも安定して繋がる地域でしたので、スピードと多様性を求めてLTEアリにしました。

WiMAX2のキャンペーンを比較で乗り換え!【衝撃】

さまざまな回線スピードの計測結果を掲載しているサイトでも概ね最高クラスの結果を出しています。

 

実際の自分の使用感でも混雑や減衰などを考慮しても満足できる快適さで、お得感がありました。

 

逆にWiMAX2のLTEが安定しなかったり、auのサービスエリア外の場合は、LTEナシしか選択肢はありません。

 

ただし、LTEナシでノーリミットモードを選択することは悪いことではなく、屋内など電波の弱いところでも繋がりやすくなったり、最大13Mbpsとは言え、速度制限が無制限になるのもメリットになります。

 

また、月額料金や専用ルーター等の機器もLTEアリと比べて安く、これもメリットです。

 

より安く、長時間容量を気にせず使いたいときは、あえて速度制限が無いLTEナシにするのも良い選択です。

 

なお、ノーリミットモードは2018年を目途に廃止が予定されていますので、長期にわたって使いたい方は注意が必要です。

 

GMOとくとくBBの特徴

GMOとくとくBBでは、WiMAX,WiMAX2+,ワイモバイルなどWiFiサービスを中心にユニークで格安なキャンペーンを実施、現在急速に会員数を伸ばしています。

価格 2760〜円
評価 評価5
備考

WiMAX2の通信速度はどれぐらい

WiMAX2の通信速度が気になる人はおおいですが、体感的にいっても、スマホなどの無線やLTE回線とさほど変わりません

WiMAX2のキャンペーンを比較で乗り換え!【衝撃】


出先の地下鉄や、電波の届きにくいエリアでもWiMAX2のWi-Fiであれば、ネットを利用することはできるので、インターネットを頻繁に使う人には非常に便利です。

 

動画などを閲覧することもありますし、メールなどの送受信も良く利用していますが、サクサクと動作が進むのでストレスも感じなくて済みますし、快適なネット環境を作ることができるのが、WiMAX2のメリットです。

 

また、通信速度に限らず、利用可能なエリアも拡大しているので、電波が届かないなどの問題もありません。そして定額制のため、料金も気にせずに利用できるので、安心です。

 

通信速度制限などが月末にある場合は、自分の契約内容以上のギガ数を超えないことを注意すればよいです。

 

また、自宅はひかり回線で、出先だけポケットWi-Fiを利用するという使い方であれば、契約ギガを超えることはあまりないです。

 

無線を利用すれば、色々なことができるので、私は仕事の時は主にWiMAX2を利用して、自宅ではもともと引き込みをしているひかり回線を利用して無線を使うようにしています。

WiMAX2で通信制限かかるとどうなる

WiMAXは、接続コース問わず、通信量が直近3日間で合計3GBを超過すると通信制限がかかります。

WiMAX2のキャンペーンを比較で乗り換え!【衝撃】

 

普段からそんなに多くは使わないですし、たまに使うとしてもモバイルルーターのディスプレイやアプリで表示することの出来る、その日の通信量を確認して気をつけながら使っていました。

 

しかし、ある休みの日、この機会にと思い、前々から観たかった高画質の映画を観ることに夢中になってしまい、すっかり油断をしていたところ通信制限にかかってしまいました。

 

前日までの2日間と、その日の動画を見たところまでの容量が合算され、どうやら3GBを超えてしまったようです。

 

WiMAX2で通信制限がかかると公称値では、128kbpsとなっていますが、その日は混み合っていたようで100kbpsにも満たない速度でした

 

メールの送受信やテキストベースのウェブサイトの閲覧は、重いながらもなんとかこなせましたが、画像を豊富に掲載したようなサイトは厳しく、イライラしながら何度も読み込みをし直すと言う状況でした。

 

動画の閲覧もYoutubeの低画質動画でさえかっくんかっくんで厳しいものでした。

 

その時の通信制限は、明らかに自分の事前の通信量の確認ミスが招いたことですが、国全体のインフラの問題もあるとは言え、もう少し制限はどうにかならないものかと思いました。

WiMAXの2メリットとデメリットは

私は仕事柄、ネットの利用が欠かせないので、パソコンやタブレット、場合によってはスマホなどのツールを使いこなして仕事をしています。

WiMAX2のキャンペーンを比較で乗り換え!【衝撃】

その時に気になるのが、通信料ですが、外出先で無線の利用ができるWiMAX2を持ち歩くようになって、特に気にせずインターネットができるようになりました。

 

普段からとても重宝していますが、WiMAX2のメリットとして、何と言っても、大手通信会社のLTE回線を利用しているため、どのエリアでもほぼ電波が届く為、快適にネットをすることができるという点です。

 

例えば、場所によってはひかり回線などのケーブルを引き込みすることができないエリアなどがありますが、WiMAX2は、LTE回線を利用した無線になるので、ケーブル引き込みができないでも安心してネットの利用ができます。

 

また、デメリットとしては、あまりありませんが最低利用期間などの契約があったりすると、年縛りが面倒に感じる人もいるかもしれません。

 

また、プロバイダの申し込みが別途必要になりますので、少し申し込みが面倒だなと思う人もいます。

 

しかし、メリットがとても多いので、無線を自宅でも外出先でも頻繁に利用している人はWiMAX2は、定額制で使い放題のためおすすめになります。

 

>>更にお得なキャッシュバック